溶接ヒューム濃度測定への補助金交付のお知らせ!

2021.07.01

令和3年4月1日から「溶接ヒューム」が特定化学物質障害予防規則の規制対象となりました。継続して金属アーク溶接作業等を行っている屋内作業場は、令和4年3月31日までに、個人ばく露測定による空気中の溶接ヒューム濃度を測定する必要があります。
この度、その測定を行う事業者に費用の一部を支援する「有害物ばく露防止対策補助金」が交付されます。測定前に申請が必要となりますので、添付リーフレットを確認の上、お気軽にお問合せ下さい。

関連リンク:有害ばく露防止対策補助金のご案内